09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

カレー王子の気になったアレコレ

  : 

カレーとゲームと映画とアニメが好きなカレー王子の気になったこと。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

「劇場版ポケモン ギラティナと氷空の花束シェイミ」 

なんて手間のかかった、
「シェイミのプロモーション」でしょう。


今年も、ポケモン映画の夏がやってきた!!ピッカチュウ
前売り券でもらえる「引き換えポケモン」と、劇場で配信されてる「配信限定ポケモン」をGETするために。世の中の目指せポケモンマスターたちは、たとえ火の中、水の中、草の中、お子様の中だろうが、映画館に足を運ぶ。

去年の「ディアルガVSパルキアVSダークライ」がアニメ的にもシナリオ的にも、非常に出来が良かったので、今年もかなり期待して行ってきました!!

が、今年のは・・・なんていうか・・・忘れたい・・・。

山崎バニラシェイミの配信を兼ねているので、「シードフレア」や「アロマセラピー」など、配信シェイミが覚えてるワザの紹介になるのは仕方ないとしても。
内容が・・・あまりにも薄い・・・っていうか無い・・・。

※以下、ネタバレをガッツリ含んでおります。
 
「(一見)悪役のギラティナが実はイイやつでした。」とか
「ディアルガVSパルキアの被害者なんです。」とか
そういう設定は、もう去年やったでしょ?
そのうえで、ディアルガギラティナシェイミレジギガスと、伝説ポケモンのオンパレードになると、それぞれの存在感が弱ェ!!
さらに、中村・ゼロ・獅童をメインの敵として登場させちゃったら。もうディアルガとかギラティナとか、なんかどうでもイイかんじ・・・。

せめて、バトルが白熱系やったら、イキオイでイケるのに。全編通じて一番迫力あったのはOPでブーバーンが見せた「ブラストバーン」。クライマックスのバトルでさえ、「ディアルガVSパルキアVSダークライ」のOPに劣る。(「ダークライ」のOPが秀逸すぎたのも、相手が悪いが。)

まあ、ゼロが最後に乗ってたギラティナモチーフの飛行機のビーム兵器が、「アインハンダー(PS)」っぽかったのは、アレは良かった!燃えたッ!
(ゼロの電波は、きっと 「ハイペリオン」ヨリ入電 してしまったんだな。仕方ない。)

TO・MO・KA・KU、来年も「ディアルガVSパルキア」シリーズでいくっぽい?(シーズン的には「プラチナ」こそド真ん中やけど、ギラティナは出さない方向か?)3匹目はクレセリアか?ヒードランか?湖のポケモン3匹セットか?アルセウスは~・・・、再来年かな?

※アインハンダー・・・初代PSでスクエアから発売されたシューティングゲーム。演出がとにかく
 カッコ良かった!サブウェポンを持つ片腕(アインハンダー)を上下に動かせることで、
 非常に攻略の幅が広い。特にビームサーベルを最長に伸ばして腕を上下させるときは、
 エフェクトから音から、STAR WARS気分。でも使い辛い・・・。


評価:1300円(前売り券で、LV100の「レジギガス」をGETだぜ!)

関連サイト:ポケモン映画公式サイト(※音注意)
スポンサーサイト

テーマ: 映画感想

ジャンル: 映画

映画  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

コメントの投稿

Secret

△top

この記事に対するコメント

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://hitoshi1207.blog95.fc2.com/tb.php/95-c83ba48d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。