05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

カレー王子の気になったアレコレ

  : 

カレーとゲームと映画とアニメが好きなカレー王子の気になったこと。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

「奥さん」?「家内」?「嫁」?なんて紹介してる? 

女性を専業主婦とみる代名詞が多い。

結婚したパートナーの話しをするとき、「うちの家内が~」「昨日、嫁がね~」「日頃は愚妻が~」など、代名詞で言うことがほとんどやと思うんやけど。
まあ、「愚妻」は日本人特有の奥ゆかしさから生まれた言葉やから別な気ぃするけど。「家内」とか「嫁」って言葉はーーー・・・

いかにも、女性は家の中にいて然るべき。

って言ってるふうに感じて、好きになれない。
もちろん主観なので、まったく気にしない方や、こう考えること自体男女差別ちゃうん?っていう方もいるんやろうけど。それは、さておき。

僕自身は、プライベートではもっぱら「妻」と言ってます。
「嫁」「家内」と比べて、なんとなく対等に感じるんでね。
ところがだ。そんなことを考えてたところ、最近気付いたんやけどーーー・・・

「上(かみ)さん」ってスゴクね?

日本人的感覚において、「お上」とか、「上様」とか、「上」って漢字には、(多少の皮肉はあっても)尊敬や敬意の対象であることを感じさせる。「パートナーのことを尊重してます」って感じする。
これからは「上(かみ)さん」使っていこう。そして、刑事コロンボくらいやわらかく「うちのカミさんがね」って言えるような歳の取り方をしていきたいわぁ。

当blogでは、パートナーのことを、「愛しのワイフ」って、気障とも、皮肉ともとれる書き方をしてるけど。オノナツメ先生の「リストランテ・パラディーゾ」にネタ元がありますんで。興味のある方は読んでみてください。オススメ!
 
スポンサーサイト

テーマ: 独り言

ジャンル: その他

ひとりごと  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

コメントの投稿

Secret

△top

この記事に対するコメント

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://hitoshi1207.blog95.fc2.com/tb.php/414-8b06332e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。