06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

カレー王子の気になったアレコレ

  : 

カレーとゲームと映画とアニメが好きなカレー王子の気になったこと。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

非常事態に携帯写メール、って当たり前なのか? 

これが「普通」なら、日本おわってる・・・

航空機内で心肺停止した男性に、人工呼吸や心臓マッサージなど蘇生措置をして助けた女性が、やじ馬状態のほかの乗客に写真を撮影され、恐怖心などからPTSD(心的外傷後ストレス障害・トラウマ)になった。
女性は会社員だが、救急法の指導員資格を持っていた。蘇生措置を受けた男性は呼吸が戻り、規則的な心拍も回復して命を取り留めたが。女性が蘇生措置を行っている間、多くの中高年の日本人男性乗客らが『テレビと同じ』『やめたら死ぬんでしょ』と、携帯やビデオで撮影していたらしい。

とっさの状況のなかで的確な救急措置をとったこの女性のことは、本当に尊敬する。自分が同じ状況に置かれても、おそらくパニックになるか?見ず知らずの他人に人工呼吸をするのはためらってしまうか?
しかし、懸命に人の命を救おうとしている人を目も前にして、遠巻きから写メール撮りながらヘラヘラするような真似だけはしないッ!!
この出来事だけじゃなく。先日の「秋葉原通り魔事件」のときにTVで放送された映像の端々でも、一般人がケータイ片手に写メールしてるのが目立ったが。
この考え方が「普通」なのだとしたら、ヒトとして、そうとう間違えてるんじゃないか?と思えてならない。
自分が動けない側の立場だったら、周囲の人間が助けてくれず、好奇の目線でケータイを握っていたなら、どれほどの怒りと惨めさだろう?
 
この女性は、誰よりも誠実に行動したはずなのに。当時のトラウマから、中年男性が集まる場所で過呼吸症状が出るようになり。カメラのシャッター音が怖く携帯のカメラも使えなくなり。『やじ馬の罵声(ばせい)と圧力の怖さは忘れないと思う』と話しているという。

航空機内であれば、当然フライトアテンダントか機長がいて。緊急の際には適切な処置(この場合であれば、『お客様のなかにお医者様はいらっしゃいませんか?』とか、やじ馬を人払いするとか)をするんじゃないか?と思ったんだが。

「客室乗務員は手伝わず。AEDを頼んだが、持ってこなかったという。」

・・・・・・はァ?

記事中には「機内にAEDは積んでいなかった」とは書かれていないけど、
「持ってこなかった」
ってなんだ?客室乗務員に、無理やり人工呼吸を強制したっていうのなら、抵抗があるのもうなずけるが。自らが搭乗している機内で起きた事件だ!せめて救命措置を行ってくれている勇敢な女性を少しでもサポートしようとするのは、客室乗務員にとっては仕事のうちでもあるだろッ!?そしてまず、ヒトとして当然だろッ!?

元ネタ:飛行機内で救命中、傍観乗客の視線と写真撮影でPTSDに
スポンサーサイト

テーマ: まぢかよ!?

ジャンル: ニュース

ニュース  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

コメントの投稿

Secret

△top

この記事に対するコメント

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://hitoshi1207.blog95.fc2.com/tb.php/38-b1430437
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。