09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

カレー王子の気になったアレコレ

  : 

カレーとゲームと映画とアニメが好きなカレー王子の気になったこと。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

「007 慰めの報酬」 

ボンドカーの存在感が、かなり空気。

090308_007_nagusame.jpg

前作「カジノ・ロワイヤル」で、女スパイ・ヴェスパーに裏切られ、死なれ。後悔と復讐に駆られたエンディングから数時間後の物語りとして始まるワケやけど。

前作「カジノ・ロワイヤル」が「ボンド誕生」とするなら。
今作「慰めの報酬」は「ボンド成長」といったポジション。

実際、「カジノ・ロワイヤル」や本作の序盤では、まだまだ感情によるブレ幅が大きいボンドなのに比べて。「慰めの報酬」のクライマックスやエンディングにかけては、常に余裕とニヒルさを漂わせるボンドが確立されていく。
これは、脚本の妙によるところも大きいんやろうけど。何といっても前作「カジノ・ロワイヤル」からジェームズ・ボンドを演じている、ダニエル・クレイグの演技に魅入らされる!

ワルサーPPKや、ドライマティーニや、ボンドの代名詞と言っても過言ではない多数のアイテムは、もちろん本作でも出てくるけど。見出しで『ボンドカーが空気』と書かせてもらったとおり、本作では派手な演出が絞られているだけに、より一層ジェームズ・ボンド自身の変化を細かく観察することができる。その変化を演じるダニエル・クレイグが、とにかくカッコイイ!こんな中年になりてぇ!!

陳腐な表現やけど、「007 ゼロ」に当たる、「カジノ・ロワイヤル」「慰めの報酬」の2作品が、ピアース・ブロスナン続投ではなく、ダニエル・クレイグにバトンタッチしたタイミングで制作されたことは、ダニエル・クレイグ自身が、ボンドとして役作りされていくってことでも、とてもシュールで効果的だったに違いない!

それにしても、「カジノ・ロワイヤル」で、ボンドが海から上陸してきたときに、
『ちょっとお腹たるんでるのに、カッコエエ~!!』
って思ったのは、未だに忘れられへんなぁwwwww

007ファンには、ショーン・コネリー派~ピアース・ブロスナン派まで、世代によって外せないボンドが存在することやろうけどーーー・・・
只今、絶賛ダニエル・クレイグ派!中年最高!

評価:1,800円(とは言え、一回でワリと満足。)

公式サイト:007/慰めの報酬(※音注意!)
スポンサーサイト

テーマ: 映画感想

ジャンル: 映画

映画  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

コメントの投稿

Secret

△top

この記事に対するコメント

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://hitoshi1207.blog95.fc2.com/tb.php/355-4295520a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。