05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

カレー王子の気になったアレコレ

  : 

カレーとゲームと映画とアニメが好きなカレー王子の気になったこと。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

家カレー「豚肉の味噌炒めカレー」 

カレー味にしたいもの。トッピングにしたいもの。
081117_豚肉味噌炒めカレー
カレーの具材と一緒に煮込むことで、カレーに馴染む食材はもちろん重要ですが。
カレー味に染まっていない食材を乗せる、トッピングも同じくらい重要なワケで。
今回は、カレーのメイン具材でもある「肉」をあえてトッピングにしました。
アーンド、(今年のニンジンは味が染みにくくて苦いので)今回はちゃんと圧力鍋を使います。

<材料>
タマネギ(1玉)、ニンジン(1本)、里芋(小4個)、豚肉(200g)、白ネギ(半分)
ツナ缶(1缶)、カレー粉(市販のもの1箱分くらい)、あわせ味噌(大さじ2)
料理酒(大さじ4)、濃口醤油(大さじ2)だし醤油or薄口醤油(大さじ2)
※味付けは、味見しながら感覚で入れてるので、分量はやや適当です。
※今回は肉を別で調理するので、あえてスパイスは使いません。
 野菜のほうに、余計な風味を付けたくないためです。

 
■タマネギを半分切って、炒める。
 アメ色に炒める用のタマネギ(半玉)をみじん切りにします。
 油を引いたフライパンでジックリ炒めます。
■タメネギを炒めつつ、他の具材を切る。
 残りのタマネギ(半玉)を食べやすい大きさに切ります。
 ニンジンは火が通りやすいように、ひょうし切りにします。
■里芋を洗って切る。
 味噌を使って、全体的に和風テイストを目指すので。里芋にチャレンジ。
 (里芋がニガテな方は、ジャガイモで代用してもOKです。)
 表面の土や毛を固めのスポンジかタワシで落として、皮をむきます。
 里芋は圧力鍋でもあまり小さくならないので、一口大に切ります。
■野菜を炒めて、下味を付ける。
 切った野菜をフライパンに入れて、表面に軽く焦げ目が付くまで炒めます。
 炒めながら、濃口醤油を回しかけて野菜に下味を付けます。
 あらかた火が通ったところで、全ての野菜を圧力鍋に移します。
■ツナを炒める。
 フライパンをキレイに拭いて、油を切ったツナ缶を1缶分フライパンに入れます。
 ツナ缶の油分が飛んで、パサパサになってきたら、圧力鍋に移します。
■圧力鍋で煮込む。
 強火でしっかり→圧力かかったら中火で10分→火を止めて減圧させる。
■豚肉の味噌炒めを作る。
 圧力鍋を減圧してるあいだに、トッピングを作ります。
 フライパンが味噌まみれになるまえに、白ネギを炒めてしまいます。
 白ネギ(半分)を3等分にカットし、そろえて1mm幅で輪切りにします。
 輪切りにした白ネギを熱したフライパンに入れます。
 上からゴマ油を回しかけて、白ネギをほぐすようにかき混ぜながら炒めます。
 白ネギに透明感が出てきたら、お皿によけます。
 フライパンに残ったゴマ油はそのままに、豚肉を入れます。
 料理酒をまわしかけて、豚の臭みを飛ばします。アルコールも蒸発させます。
 あわせ味噌をだし醤油で溶かします。溶けにくければ、水も少し足します。
 味噌を溶かしたものを少しずつ入れながら炒め、味、色味を付けます。
■カレーを完成させる。
 減圧した圧力鍋を再び火にかけて、カレー粉を溶かして完成させます。
■いただきます。
 盛ったご飯の上に、豚肉を乗せて、さらに白ネギ炒めを乗せます。
 豚肉の味噌炒めが個性を発揮しつつ、カレーの味はジャマしてなくてイケる!!
 和風にするつもりで入れた里芋は、口当たりは優しいんやけど、
 ややヌメっとしてるので、やはりカレーには不向きかもしれない・・・。
 いや、具材をゴボウとか、レンコンとか、もっと和風に寄せれば・・・ゴニョゴニョ

オススメ度:★★★★☆(中華風のほうが、マッチングがよかったかも?)
スポンサーサイト

テーマ: カレー

ジャンル: グルメ

カレー  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

コメントの投稿

Secret

△top

この記事に対するコメント

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://hitoshi1207.blog95.fc2.com/tb.php/248-9fe244d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。