05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

カレー王子の気になったアレコレ

  : 

カレーとゲームと映画とアニメが好きなカレー王子の気になったこと。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

「金色のガッシュ」作者と小学館、和解成立!? 

「神のみぞ~」の若木民喜はコメントするかな?

週間少年サンデーで「金色のガッシュ」を連載していた作者・雷句誠さんが、小学館を相手に計330万円の損害賠償を求めていた訴訟について。
小学館が雷句さんに謝罪し、255万円を支払う。ということで、一応の決着を見たようです。

そもそもは小学館の編集者が「金色のガッシュ」のカラー原稿を紛失するなどのずさんな扱いをして雷句さんが『美術的価値のあるものに対する配慮を欠いている』としたことや。連載中、編集者によって望まないシナリオおよび連載の延長を強制されそうになったことや。様々な出来事から雷句さんの堪忍袋の緒が切れて、仕事机をブッ叩いて骨折したことを「暴力的」と触れ回ったようなことetc,
あらゆる不満、不信から『サンデー(小学館)では二度と作品を描かない』というような、かなり衝撃的な内容を、雷句さん自身がHPで発表したことから起きた出来事でしたが。

和解条項に、雷句さん側が求めた「美術的価値に対する配慮を欠き」という文言は無かったにせよ。雷句さん自身は『(和解金の)額の中には漫画の美術的価値も含まれていると思う。意義のある裁判だった』と納得の結果やったみたい。

雷句さんと小学館の和解=サンデーでの連載

・・・と言うわけにはいかないやろうけど。ファウード編あたりまでの「金色のガッシュ」は、けっこう好きなアツイ展開やったので。一息ついて充電できたら、またどこかで描きはじめてほしいです。

元ネタ:「金色のガッシュ」作者と小学館が和解~(ITmedia News)
関連サイト:雷句誠の今日このごろ。
スポンサーサイト

テーマ: 週刊少年サンデー全般

ジャンル: アニメ・コミック

ニュース  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

コメントの投稿

Secret

△top

この記事に対するコメント

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://hitoshi1207.blog95.fc2.com/tb.php/241-316ecfe7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。