05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

カレー王子の気になったアレコレ

  : 

カレーとゲームと映画とアニメが好きなカレー王子の気になったこと。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

財務官僚、帰宅タクシーでビールやおつまみ2300回 

『今日はどうしますか?』『あ、お願いします。』
で、ビールとおつまみwww


先に言っておくが、違法ではない(※一部を除いて)、ワイロでもない。
霞が関近辺の官庁街で、タクシー関係者の間では「居酒屋タクシー」などの通称でおなじみのものらしいのだが。深夜帰宅する官僚にタクシー運転手がビールやおつまみなどを提供するケースが増えすぎてていかがなものか?って話し。

『こういうやりとりも商売なのか?』って、ちょっと気になった記事だったので取り上げてみた。

財務省の省内調査では、平成19年度には、103人が計2327回、中には図書券(¥2000)や商品券(¥3000)を受け取っていた職員もいたらしい。国家公務員倫理法の規程では、「出入り業者」など利害関係者から金券などを受け取ることを禁じているが、「タクシー運転手」の場合は微妙らしく、財務省は規程に触れるかどうかも調べているそうだ。

最初にも書いたとおり、違法ではない。どこまでが許容範囲なのか?悪質なケースはなかったのか?ということを調べますよ、っていう運びのようだが。
ぶっちゃけ、私的な考えだと商売としてはアリかな?と思う。
ドライバーさんが『商売なので固定客を捕まえたい。ビールを渡すのはお得意さんへの必要なサービス』っていうのは、もっともだし。
普通の会社でも、お客さんをイイトコロに連れて行って、お仕事を優遇してもらう。というのは営業スタイルとして確立されているわけだし。

ただ対象が官僚なだけに、税金を余計に使われてるってことはないか?と勘ぐってしまう。例えば~

業務的には電車で帰れる時間なんだけど
 ↓
楽だしビール出るし、タクシーで帰ろっかな~
 ↓
官僚の深夜帰宅用タクシーにはタクシー券が配布される(?)
 ↓
タクシー券は誰のカネ?国民の税金ではないのか?

~ってこと。仮にこういうことがあるのであれば、問題はタクシードライバー側でなく、官僚の心構えじゃないか?
テメェの楽のために税金を使うのであれば言語道断!しかも居酒屋タクシー利用者は長距離が多いらしく、一回の利用で15,000~20,000円くらい乗ってくらしいから。そこらのビジネスホテルのほうがよっぽど安い。
しかも、きっと議員施設内には税金で作った宿泊施設とかあるんじゃないの?あるならソコに泊まれ!税金使って無駄なもの作るな!!
こういうの改善したら、もしかしたら税金にも多少影響するのかぃ?

※タクシーの業界団体には、乗客へのアルコール類提供を禁じる規定があり、
 チケット精算や無線営業を停止する罰則を設けているところもある。
※他にも、商品券・ビール券などの換金性の高い商品券の提供は、
 運賃の割り戻し(キックバック)を禁じる道路運送法に違反する可能性がある。


元ネタ:財務官僚、深夜帰宅タクシーでビールやおつまみ2300回~
スポンサーサイト

テーマ: 経済・社会

ジャンル: ニュース

ニュース  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

コメントの投稿

Secret

△top

この記事に対するコメント

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://hitoshi1207.blog95.fc2.com/tb.php/19-beb8b998
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。